2012年1月29日日曜日

[アシュワース教授]パート6 フローボリュームカーブ


Part 9 – Flow-Volume Loop
Part9 フローボリュームループ(流量−容量曲線)

The Flow-Volume Loop is possibly the least utilized of all the graphic waveforms discussed so far. Even though the Flow-Volume Loop is frequently a valuable tool in the Pulmonary Function Laboratory, it is not as useful when evaluating critically ill patients.

これまで扱ったグラフィック波形の中で、おそらくフローボリュームループを使うことが最も少ないでしょう。フローボリュームループは(外来での)呼吸機能検査では価値がありますが、集中治療を要する患者の評価にはさほど有用ではありません。


The Flow-Volume Loop graphs Volume on the X axis and Flow on the Y axis. It is very important to inspect the axis carefully to make sure that you are aware of what is being graphed. In the Pulmonary Function Laboratory, inspiratory flow is generally graphed below the X axis and expiratory flow is graphed above the X axis. However, when evaluating a Flow-Volume Loop on a patient receiving mechanical ventilatory support, inspiratory flow is generally graphed above the X axis and expiratory flow is graphed below the X axis.

フローボリュームループのグラフでは横軸に一回換気量、縦軸に流量をとります。何の項目がグラフ化されているかを把握するために、軸を注意深く確認することは重要です。呼吸機能検査では呼気が軸の上側、吸気が下側になります。しかし、人工呼吸器装着時のフローボリュームループを評価する場合には、一般に吸気が軸の上側、呼気が下側となります。


The following tracing is an image of a Flow-Volume Loop while the patient is being ventilated in Volume A/C, Tidal Volume 0.5 L, Peak Flowrate 40 LPM, and a Decelerating Flow Waveform. Notice how the flowrate begins at the set 40 LPM, but decelerates throughout inspiration because a decelerating flow waveform was selected. The flowrate continues to decelerate until the set Tidal Volume of 500 mL is delivered. At that point, the exhalation valve opens and the patient is allowed to exhale. The peak expiratory flowrate appears to be approximately 35 LPM.

次に示す波形は量規定A/C、換気量500ml、最高吸気流量 40L/, 漸減波の条件下で換気されている患者のフローボリュームループです。吸気流量は設定された40L/から開始していますが、漸減波が選択されているため吸気後半に向かって減少します。吸気流量は設定一回換気量の500mlに到達するまで低下を続け、到達時点で呼気バルブが開放されて患者は呼気ができるようになります。この例では最高呼気流量はおおよそ35L/です。


 The following tracing is an image of a Flow-Volume Loop while the patient is being ventilated in Volume A/C, Tidal Volume 0.5 L, Peak Flowrate 40 LPM, with a Rectangular (or Square) Flow Waveform. Notice how the flowrate begins at the set 40 LPM and remains at 40 LPM throughout inspiration because a rectangular flow waveform was selected. The flowrate continues at 40 LPM until the set Tidal Volume of 500 mL is delivered. At that point, the exhalation valve opens and the patient is allowed to exhale. The peak expiratory flowrate appears to be approximately 40 LPM.

次に示す波形は量規定A/C、一回換気量500ml、最高吸気流量 40L/分、矩形波の条件下で換気されている患者のフローボリュームループです。矩形波を選択しているため、吸気流量は設定された40L/で開始し吸気相を通して40L/分のまま一定です。吸気流量は設定一回換気量の500mlに到達するまで40L/で維持され、到達時点で呼気バルブが開放されて患者は呼気ができるようになります。この例では最高呼気流量はおおよそ40L/です。


When evaluating a patient in the Pulmonary Function Laboratory using a Flow-Volume Loop, the patient is instructed to exhale all the air possible, and then inhale all the air possible. This maneuver allows us to evaluate the patient for obstructive and/or restrictive disorders. However, it is not practical to require a patient who is receiving mechanical ventilatory support to perform this maneuver.

呼吸機能検査室でフローボリュームループを評価する場合には、患者はできるだけすべて息を吐き出し、次にできる限り大きく息を吸い込むよう指示されます。これによって閉塞性肺疾患があるのか拘束性肺疾患があるのかまたはその両方があるのかを評価することができます。しかし人工呼吸器による換気を受けている患者ではこの行為をすることは実用的ではありません。


One possible use of the Flow Volume Loop is to evaluate a patient for a positive response to a bronchodilator. If a patient has a positive response to a bronchodilator, resulting in a decrease in the airway resistance, the peak expiratory flowrate may increase and the level of AutoPEEP may decrease. However, it is possible for the patient to have a positive response to a bronchodilator, resulting in a decreased airway resistance, without detecting an increase in the peak expiratory flowrate. This is because the ventilator patient is not coached to perform a forced vital capacity.

フローボリュームループの使用法のひとつとして気管支拡張剤への反応性を評価することがあげられます。気管支拡張剤に反応すれば、気道抵抗が低下し最高呼気流量が増加してAutoPEEPが低下します。しかし気管支拡張剤に反応を示して気道抵抗が低下しても、最高呼気流量が増加しないこともあります。その理由は、人工呼吸器を装着している患者は強制呼気をしているわけではないためです。


This concludes the discussion of graphics waveforms. The next posts will be an introduction to modes of mechanical ventilation.

今回でグラフィックの話は終了します。次回は人工呼吸器のモードの導入編です。

日本語訳:岩本志津(米国呼吸療法士)


0 件のコメント:

コメントを投稿