2012年1月6日金曜日

[アシュワース教授]パート5 圧−量ループ その5


Options to Correct a PV Loop Revealing “Beaking”
PVループ上でビーキングが見られる場合の修正方法



Decrease the Set Inspiratory Time
If your ventilator allows you to set the inspiratory time directly, then decreasing the inspiratory time may reduce the patient-ventilator dys-synchrony.

設定吸気時間を短縮する
吸気時間を直接設定できる人工呼吸器ならば、吸気時間を減少させることにより患者-人工呼吸器非同調を減少させられるかもしれません。


Increase the Peak Inspiratory Flowrate
Many times an easy option to correct this type of patient-ventilator dys-synchrony is to increase the peak inspiratory flowrate which reduces the inspiratory time on many ventilators. However, increasing the peak flowrate will not decrease inspiratory time on all ventilators, so it is important to understand the specific ventilator you are using.

最高吸気流速を増加する
このタイプの患者―人工呼吸器非同調を修正する簡単な方法は、最高吸気流速を増加させることです。多くの人工呼吸器では、最高吸気流速を上げると吸気時間が短縮します。しかし、最高吸気流速を増加させても吸気時間が短縮しない人工呼吸器もあるため、使用しているそれぞれの人工呼吸器について理解することが重要です。


Change to a Rectangular Flow Waveform
When ventilating a patient in volume-targeted ventilation, it is possible on most ventilators to select a decelerating or a rectangular flow waveform. If a decelerating flow waveform is selected, the flowrate gradually decreases throughout inspiration, resulting in an increased inspiratory time. If the flow waveform is changed to a rectangular flow waveform, the ventilator will deliver the set peak flowrate throughout inspiration, possibly reducing the inspiratory time and reducing the patient-ventilator dys-synchrony.

矩形波に変える
量規定換気を使用している場合、ほとんどの人工呼吸器上で漸減波か矩形波かを選択することができます。漸減波を選択している場合、流速は徐々に吸気を通じて減少するため、結果として吸気時間は長くなります。フロー波形を矩形波に変えると、吸気を通じて設定した最高吸気流速で吸気が送り込まれる事となり、多分、吸気時間を減少させ、患者-人工呼吸器非同調を減少させることになるでしょう。


Reduce an Inspiratory Pause or Plateau or Hold
If an inspiratory pause or plateau or hold has been set, this can be reduced or turned off. This will reduce the inspiratory time on most ventilators, and should reduce the patient-ventilator dys-synchrony.

吸気ポーズ、プラトー、ホールドを減少させる
吸気ポーズ(またはプラトー、ホールド)が設定されている場合は、これを短縮するまたは切ってしまうことができます。これによりほとんどの人工呼吸器上で吸気時間を短縮させることになり、患者-人工呼吸器非同調を減少させることになるでしょう。


Decrease the set Tidal Volume
Decreasing the set tidal volume may correct the situation. This is because it will frequently decrease the inspiratory time and because it reduces the chance of over-distension.

設定一回換気量を減らす
設定一回換気量を減らすことで状況を修正できることがあります。1回換気量を減らすと、しばしば吸気時間を減少させることになり、過伸展が起こるのを減らすからです。


Change to a different Ventilator Mode
Another option is to change the mode of ventilation. If the patient is changed to a pressure-targeted mode of ventilation, the patient will now be ventilated at a constant pressure and it is unlikely that “Beaking” will occur. Future posts will address modes of ventilation.

他の人工呼吸器モードに変換する
もう一つの方法としては人工呼吸器のモードを変換することがあげられます。圧規定換気モードに変更すれば、一定の圧で換気することになり、ビーキングを起こしにくくなるでしょう。人工呼吸器のモードについては今後の講義でお話していきます。


Use of Medications to Improve Patient-Ventilator Synchrony
Medications can be used to improve patient-ventilator synchrony. However, it is important that the patient is not just automatically heavily sedated. Increasing emphasis is being placed on not sedating the patient as much as was done in the past. Instead, appropriate use of pain control and control of anxiety are encouraged.

患者‐人工呼吸器の同調を改善する薬剤の使用
患者‐人工呼吸器の同調を改善するのに薬剤が用いられることがあります。しかしながら、自動的に深く鎮静をかけてしまわない事が重要です。過去に行われていたような深鎮静をしないことがより強調されてきています。その代りに適切な痛みのコントロールと不安のコントロールを行う事が奨励されています。

video


日本語訳 マクマーン由香(米国呼吸療法士)


0 件のコメント:

コメントを投稿