2012年12月18日火曜日

[アシュワース教授]人工呼吸器のモード CPAP その1


Continuous Positive Airway Pressure (CPAP) 

持続的気道内陽圧



This post will address Continuous Positive Airway Pressure (CPAP). CPAP is a mode of ventilation that is frequently used during Spontaneous Breathing Trials (SBT). It is also the mode of ventilation selected for some patients other than during an SBT, as will be described below.

今回は持続的気道内陽圧(CPAP)について説明をします。CPAPは自発呼吸テスト(SBT)中によく使用される換気モードですが、SBT以外で使うこともあります。ここではCPAPについて述べます。


Description 説明

CPAP is a mode of ventilation that allows the patient to breathe spontaneously. All breaths are triggered and cycled by the patient. No baseline respiratory rate is set; therefore, it is important to make sure that the patient has a stable and reliable respiratory drive.  The patient determines the respiratory rate, the inspiratory time, the expiratory time, the inspiratory flowrate, the tidal volume and the I:E.


CPAPは患者が自発呼吸をできる換気モードです。すべての呼吸は患者によってトリガーされ、サイクルが切り替わります。呼吸回数は設定しません。そのため患者に確実で安定した呼吸ドライブがあることを確認するのが重要になります。患者が呼吸回数、吸気時間、呼気時間、吸気流量、一回換気量、I:E比を決定することになります。


Because all of the breaths are triggered and cycled by the patient, CPAP has the potential for the highest work of breathing of any of the modes of ventilation. However, the work of breathing can be reduced by adding Pressure Support Ventilation (PSV) or Tube Compensation (TC) which is frequently called Automatic Tube Compensation (ATC) or Automatic Airway Compensation (AAC).

全ての呼吸が患者によってトリガーされ、またサイクルが切り替わるために、CPAPは換気モードの中で呼吸仕事量が最も多くなる可能性があります。しかしながら、プレッシャーサポート(PSV)またはチューブ補正(TC)を加える事により、呼吸仕事量を軽減することができます。このチューブ補正はしばしば自動チューブ補正(ATC)もしくは自動気道補正(AAC)と呼ばれます。


When PSV is added during CPAP, the inspiratory work of breathing should be reduced as long as the PSV is set properly and the flow cycle percent is set properly. If the PSV is too high or if the flow cycle percent is set too low, the work of breathing may be increased.

プレッシャーサポートをCPAPに加えると、プレッシャーサポートとフローサイクル%が適切に設定されていれば、吸気の呼吸仕事量は軽減するはずです。プレッシャーサポートが高すぎたり、フローサイクル%の設定が低すぎたりすると、呼吸仕事量が増加する可能性があります。


During CPAP, the Positive End Expiratory Pressure (PEEP) is also set. The PEEP level is set to maintain the Functional Residual Capacity (FRC) and to improve oxygenation.

CPAPでは呼気終末陽圧(PEEP)も設定します。PEEPのレベルは機能的残気量(FRC)を維持して酸素化を改善するように設定します。


Advantages 利点

One of the advantages of CPAP is that the patient is allowed to determine the inspiratory time and expiratory time. In some cases, this improves patient-ventilator synchrony. The patient controls the respiratory rate, I:E, inspiratory flowrate and tidal volume.

CPAの利点の一つは、患者が吸気時間と呼気時間を決められる事です。患者によっては、患者-人工呼吸器の同調性が改善します。患者は呼吸回数、I:E比、吸気流量と一回換気量をコントロールします。


Disadvantages 欠点

One of the primary disadvantages of CPAP is that the work of breathing is very high, as the ventilator does not provide any additional inspiratory support, unless other features or options are added such as Pressure Support Ventilation or Automatic Tube Compensation.

CPAPの主な欠点は呼吸仕事量が大変高くなることにあります。プレッシャーサポートや自動チューブ補正などの他の機能やオプションを使用しない限り、CPAPでは 吸気に対する人工呼吸器からのサポートはありません。

(その2へ続く)

       原文 Lonny Ashworth教授
       日本語訳 マクマーン由香(米国呼吸療法士)

0 件のコメント:

コメントを投稿