2012年12月20日木曜日

[アシュワース教授]人工呼吸器のモード CPAP その2


Clinical Use and Monitoring 

臨床での使用とモニタリング


The most common use of CPAP is when performing a Spontaneous Breathing Trial (SBT). When performing an SBT in CPAP, the PEEP level is generally set less than 8 cm H2O. Pressure Support or TC may be used to reduce the work of breathing of the artificial airway. During the SBT, the patient is provided warm, humidified gas, at the set FIO2. In addition, the patient’s ventilatory parameters are measured and displayed on the ventilator, enhancing the monitoring of the patient.

CPAPが最もよく 使用されるのは自発呼吸テスト(SBT)を行う時です。CPAPSBTを行う時には、一般的にPEEPレベルを 8H2O以下に設定します。人工気道のために生じる呼吸仕事量を減少させるため、プレッシャーサポートやTCを使用することがあります。CPAPSBTを行うと、設定されたFIO2で、加温加湿された空気が供給されます。加えて、患者の換気パラメーターが人工呼吸器上に表示されるため、詳しくモニターすることができます。


CPAP is also used as a primary mode of ventilation for some patients. When used as the primary mode of ventilation, PSV is added to reduce the inspiratory work of breathing. Allowing the patient to breathe in CPAP with PSV may improved patient-ventilator synchrony and reduce the work of breathing.

CPAPは主要なモードとして使用することもあります。この場合、吸気の呼吸仕事量を軽減するためにPSVを加えます。CPAPPSVで換気することにより、患者-人工呼吸器同調性が改善し、呼吸仕事量が減少する可能性があります。


The following photo is of a patient being ventilated in CPAP with PEEP 5 cm H2O, no PSV, no TC. The red arrows indicate the baseline pressure dropping from 5 cm H2O to 4 cm H2O when the patient creates an inspiratory effort to trigger the breath (Pressure Trigger 1 cm H2O). Notice that the Peak Inspiratory Pressure (PIP or PPeak) is approximately 2 cm H2O above the PEEP level. This is very common when PSV and TC are off during CPAP. Also note that the exhaled tidal volume is approximately 250 mL.

下の写真は、PSVTCなしでPEEP 5H2OCPAPで換気されている患者のグラフィックです。赤い矢印は患者が呼吸をトリガーするための吸気努力を起こした時、圧の基線が5cmH2Oから4cmH2Oに下がった事を示しています(圧トリガー1cmH2O)。最高吸気圧(PIPまたはPPeak)がPEEPよりおおよそ2cmH2O程度高いことに注目してください。これはCPAPPSVTCが使用されていない場合によく見られます。また呼気の一回換気量が約250mlであることに注意してください。

CPAPのグラフィック(TS、PSなし)


The following photo is of a patient being ventilated in CPAP with PEEP 5 cm H2O and with Tube Compensation on. The red arrows indicate the inspiratory pressure of approximately 8 cm H2O. When TC is active, the PIP will vary as the patient’s inspiratory flowrate varies. Generally, it will be approximately 1 – 4 cm H2O above the PEEP level. Also note that the exhaled tidal volume is approximately 250 mL, which is very close to the tidal volume without TC.

下の写真は、PEEP 5cmH2OCPAPにチューブ補正をくわえて換気している患者のグラフィックです。赤い矢印は吸気圧が約8cmH2Oであることを示しています。TCが作動している時は、患者の吸気流量が変化するのに伴いPIPも変化します。一般的に、PIPPEEPレベルより約14cmH2O高い値となります。また、呼気の一回換気量が約250mlであることに注目してください。それはTCがない時の一回換気量に大変近い値となっています。


CPAP+TSのグラフィック


The following photo is of a patient being ventilated in CPAP with PEEP 5 cm H2O, PSV 10 cm H2O. The red arrows indicate the inspiratory pressure of approximately 15 cm H2O. When PSV is active, the PIP should be approximately PEEP + PSV. Notice that the PIP is 16 cm H2O, or approximately PEEP + PSV. Also note that the exhaled tidal volume is approximately 460 mL. The patient’s resistance, compliance and effort remained the same as in the previous photo; the reason the tidal volume increased was because PSV 10 cm H2O was added.

下の写真は、PSV 10cmH2OPEEP 5cmH2OCPAPで換気されている患者のグラフィックです。赤い矢印は最高吸気圧が約15cmH2Oであることを示しています。PSVが作動している時、PIPはおおよそPEEPPSVの値となります。PIP16cmH2O、すなわちPEEPPSVとほぼ同じになっていることに注目してください。また呼気の一回換気量が約460mlであることに注目してください。上の写真の場合と、患者の気道抵抗、コンプライアンス、患者の努力は同じです。一回換気量が増加した理由は、PSV 10cmH2Oが加わったためです。

CPAP+PSのグラフィック

       原文 Lonny Ashworth教授
       日本語訳 マクマーン由香(米国呼吸療法士)


0 件のコメント:

コメントを投稿