2012年5月12日土曜日

[アシュワース教授]人工呼吸器のモード VCVその2


Effect of Changes in Compliance and Resistance

コンプライアンスと気道抵抗が変化した際の影響


During volume targeted ventilation, the peak inspiratory flowrate and tidal volume remain constant as compliance or resistance change. However, the peak inspiratory pressure and the plateau pressure will change with changes in the compliance and airway resistance. If the compliance decreases, the peak inspiratory pressure and the plateau pressure will increase. If the airway resistance increases, the peak inspiratory pressure will increase but the plateau pressure will generally not change. If the compliance increases the peak inspiratory pressure and the plateau pressure will decrease. If the airway resistance decreases, the peak inspiratory pressure will decrease, but the plateau pressure will generally not change. In most situations, if the patient’s inspiratory effort increases, the tidal volume will remain constant, but the peak pressure will decrease, and if the patient’s inspiratory effort decreases, the tidal volume will remain constant and the peak pressure will increase. It is important to monitor the patient carefully to limit the patient-ventilator dys-synchrony.

 量規定換気では、コンプライアンスや気道抵抗が変化しても吸気流量と一回換気量は一定となりますが、最高気道内圧とプラトー圧が変化します。コンプライアンスが低下すると、最高気道内圧とプラトー圧は上昇します。気道抵抗が上昇すると最高気道内圧は上昇しますが、プラトー圧は一般的に変化しません。コンプライアンスが上昇すると、最高気道内圧とプラトー圧は低下します。気道抵抗が低下すると、最高気道内圧は低下するがプラトー圧は変化しません。ほとんどの状況では患者の吸気努力が増大すると、一回換気量は一定であるが最高気道内圧は低下し、逆に患者の吸気努力が低下すると一回換気量は一定で最高気道内圧が上昇します。患者−人工呼吸器非同調を最小限にするために、注意深く患者を観察することが重要となります。 


Advantages

利点


The primary advantage of volume targeted ventilation is that the tidal volume is controlled. If the clinician sets the tidal volume, it should remain constant at that level. This is one method of controlling the incidence of volutrauma. In addition, this volume targeted ventilation allows the patient to be ventilated at a specific tidal volume which may be important when trying to ventilate the patient with a low-volume, lung-protective strategy.

 量規定換気の利点は一回換気量を制御できることです。一回換気量設定した量で一定にできるので、容量損傷の発生を予防する方法の一つとなります。さらに、量規定換気では特定の一回換気量で換気することが出来ますが、これは低一回換気量を使った肺保護戦略を行いたいときに重要な意味を持ちます。


Disadvantages

欠点


One disadvantage of volume targeted ventilation is that the airway pressure is not controlled. As mentioned above, as the compliance decreases, the plateau pressure increases. The current, accepted believe is that it is important to keep the plateau pressure less than 30 cm H2O. This requires careful monitoring of the patient to keep the alveolar pressure at an acceptable level.
Another possible disadvantage of volume targeted ventilation is related to the patient’s inspiratory effort. If the patient’s inspiratory effort changes, the chance of patient-ventilator dys-synchrony increases. This is because in volume targeted ventilation, the peak flowrate, flow waveform and tidal volume are set; if the patient’s inspiratory effort changes, it is important to make the necessary changes in the peak inspiratory flowrate, flow waveform or tidal volume to improve patient-ventilator synchrony.

 量規定換気の欠点は気道内圧を制御できないことです。前述したように、コンプライアンスが低下するとプラトー圧は上昇します。現在の共通認識として、プラトー圧を30H2O以下に維持することが重要とされていますので、肺胞内圧を許容値に維持するためには綿密に観察する必要があります。
 量規定換気のもうひとつの欠点は患者の吸気努力に関連します。患者の吸気努力が変化すると、患者−人工呼吸器非同調の危険性も増大します。これは、量規定換気では最高吸気流量、流量波形、一回換気量が決められているためで、患者の吸気努力が変化した場合には、患者−人工呼吸器の同調性を向上させるため最高吸気流量、流量波形、一回換気量を随時変更することが重要となります。


Options Available on Some Ventilators

特定の人工呼吸器におけるオプション機能


It is important to understand the ventilator you are using to ventilate your patient because it may have options that affect the delivery of the set tidal volume. For example, if demand breaths (or demand flow) are available during Volume A/C, the patient may actually receive a much larger tidal volume than is set, if the patient actively inhales. Another example, is that the ventilator may appear to be in Volume A/C, but actually the ventilator may be in PRVC A/C.

 人工呼吸器には、設定一回換気量を供給するのに影響を与えるオプション機能が存在することがあるため、病院で使用している人工呼吸器を理解することが重要となります。たとえば、Volume A/C(アシストコントロール)モードにデマンドフローがついている場合、患者が吸気努力をすると設定よりも大きい一回換気量で換気されることがあります。また、Volume A/Cで換気されているように見えて、実際はPRVC A/Cであるということもあります。


The next post will discuss adaptive pressure control ventilation; Pressure Regulated Volume Control (PRVC) is an example of adaptive pressure control.

次回の投稿では適応圧制御換気について述べます。PRVCは適応圧制御換気の一つです。



         原文:Lonny Ashworth教授
         日本語訳:森岡志津(米国呼吸療法士)

0 件のコメント:

コメントを投稿