2014年12月3日水曜日

20秒でできる人工呼吸器離脱アンケート プロトコールあり編

 こちらは「プロトコールを使っている」と回答された方のアンケート結果です。今回のアンケートではこちらの方が少数派でしたが、どのようにプロトコールを活用されているのか興味が湧きますね。

 以下の8つの質問にお答えいただきました。
(グラフにカーソルを当てると回答の内容と件数が表示されます)

質問1:鎮静プロトコールがありますか?
質問2:SBT開始基準がありますか?
質問3:SBTは何分行っていますか?
質問4:SBTでの人工呼吸器モードは何ですか?
質問5:SBT中止基準がありますか?
質問6:SBT以外の離脱基準(例:肺活量、RSBI)がありますか?
質問7:抜管プロトコール(例:咳嗽評価、カフリークテスト)がありますか?
質問8:抜管後評価プロトコールがありますか?


【回答数:38件】




 プロトコールとしては、SBTの開始基準と中止基準というSBTに関連したものが使われていることが多いようです。
 鎮静にもきっちりプロトコールを使っていると回答された方が結構多くて、17名(44.7%)いらっしゃいました。どんなプロトコールなのか知りたいですね。
 
 SBTの時間は自由記載でしたが、30分近辺が最多で、最も短くて5分、長くて180分という回答です。患者さんの背景にも左右されるかと思いますが、割とばらつきがありますね。

質問3 「その他」の回答は以下です。
  • 短い人は5分程
  • 最低15分 状態により延長max 2時間
  • 30分程度
  • 30分以上
  • 30-60分
  • 30-120分
  • おおよそ120分以内
  • 120分
  • 180分
  • ない
 抜管に関しては、半数を超える方が抜管プロトコールを使っていると回答されています。最近発表された3学会合同人工呼吸器離脱プロトコールでも、抜管後気道狭窄や再挿管のリスクを抜管前に評価することが強調されていましたね。必ずしも簡単な評価ではないので、それぞれの施設でどのような評価方法を取っておられるのか知りたいところです。

 「20秒でできる人工呼吸器離脱アンケート」の結果は以上です。回答くださった171名の方々、誠にありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿