2011年5月17日火曜日

[アシュワース教授] パート3その2 オートPEEPを発見するためのフロー−時間波形

前回の続きです

When you look at the Flow versus Time Waveform in the following image, you will notice that the expiratory flow does not return to baseline before the next breath begins. Therefore, the patient has AutoPEEP.

 以下の図中のフロー−時間波形を見た時、呼気のフローが次の吸気が始まる前に基線に戻っていないのに気づくでしょう。つまりこの患者にはオートPEEPが起こっています。


Sometime it is difficult to determine whether or not AutoPEEP is present and it is helpful to change the scale of the Flow versus Time Waveform. In the following image, the scale was changed to allow the clinician to more closely examine the Flow versus Time Waveform, and determine that AutoPEEP is present, as expiratory flow does not return to baseline before the next breath begins.

 時々、オートPEEPが存在するか否か判断が困難な時があります。その時はフロー−時間波形のスケールを変えるとよいでしょう。次の図の中では、呼気フローが次の吸気が始まる前に基線に戻っていない時、臨床家がフロー−時間波形をより詳細に観察でき、オートPEEPが存在するかどうか調べられるようにスケールが変えています。


It is not possible to measure the AutoPEEP with the Flow versus Time Waveform. You can only determine whether or not AutoPEEP is present. If the clinician wants to measure the AutoPEEP, the clinician can provide an expiratory pause (expiratory hold) and measure the airway pressure at the beginning of the next breath. During this procedure, the patient must not make any inspiratory efforts.

 フロー−時間波形でオートPEEPの値を測定することはできません。オートPEEPが存在するかどうかを判断するだけです。もし、臨床家がオートPEEPの値を測定したいならば、呼気ポーズ(呼気ホールド)を使用し、次の吸気の始めの気道内圧を測定することができます。この過程において、患者は吸気努力をしてはいけません。

As mentioned previously, AutoPEEP may be reduced by decreasing airway resistance or increasing expiratory time. In most modes it is possible to increase the expiratory time by decreasing inspiratory time or decreasing the respiratory rate.

 上で述べたように、気道抵抗を低下させること又は、呼気時間を延長させることでオートPEEPを減少させることができます。ほとんどのモードで吸気時間を減少させる又は呼吸回数を減少させることで呼気時間を延長させることが可能です。


日本語訳 マクマーン由香(米国呼吸療法士)

0 件のコメント:

コメントを投稿